July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ピエールおじさん、ラレーヌ女王、暴れん坊アプリコットネクター

先週の日曜日、関東地方は交通機関が軒並み止まっちゃうくらいものすごい強風で。
鉢が倒れて、、という方もたくさんいたみたい。
うちは鉢が倒れるほどの被害はなかったけれど、やはり葉っぱが…






自分のトゲに葉っぱが刺さりまくりのアプリコットネクター





ラレーヌ、上の葉っぱは風のせいなのか虫なのかちょっとわからないけれど。
葉っぱが薄くて柔らかい分一番ダメージ受けました。
これから展開するはずの新芽はもう乾燥してカリッカリ。
光合成の役にも立たないし、傷んだ葉っぱはさっさとちぎって処分しました。





厚みのある照り葉が頼もしいピエール・ド・ロンサールも、吹きすさぶ強風には勝てなかった。
新芽がカサカサ、しわしわ。こちらも傷んだ部分は処分。
この葉っぱはなんだかちぎれてる。
やっぱり風じゃなくて虫いるかも!?
オルトラン撒いたのがつい最近だったからちょっと遅かったかな…
様子見です。
ハキリバチならもっとまあるく綺麗にちぎっていくんだけど、なんだろう一体。
(→昨秋にハキリバチにやられた時の様子は コチラ





それでもピエールの蕾はどんどん丸みを帯びて大きくなってる。







ラレーヌの蕾、よく見たら波平になってる波平笑
多分、干してる洗濯物にむぎの毛がついていたのが風に乗って…かな。






ピエール、ラレーヌより少し遅れたけど、アプリコットネクターにも無事蕾が。
最近の20度超える気温でぐんぐん枝を伸ばしていて





上から見ると広がり放題。
とにかく横方向に広がるので、支柱を立ててちょっと上向きに。






と、ベランダであれこれやってたらミロの姿が。
ミロもバラが咲くの楽しみなのかも?ニコッ


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます♪
バラの防虫にベニカxをシュッシュッ  

ラレーヌヴィクトリアにも、蕾♪…だけどこの枝大丈夫?



うちのラレーヌヴィクトリア。
昨年12月に、大苗をセール価格たしか2000円でゲット@バラの家
2月の時点ではこんな感じでした




昨日のピエール・ド・ロンサールに続き、今日はラレーヌヴィクトリアに
あっちこっち蕾がついているのを確認しました。




枝が風に揺られピントがアレですみません。

クリスマスに届いたラレーヌビクトリアは冬暫定済みで
ピエールと同じように芽もちょっと動き出している状態で届いたのだけど
こちらはほとんどブラインドがなく。
1月以降は同じ条件で育ってるのに、何が違うのか。





こっち側にも枝欲しいなぁと思っていたとこに、シュートも。
元気いっぱい。


でも、良いことばかりじゃなかった。
ちょっと嫌な感じなやつを見つけてしまった…



この枝の変色…茶色〜黄色の怪しい色。
同じような状態なのがもう一本あって、キャンカーだったらヤダなぁ…
剪定済で届いているので、この枝には自分ではハサミ入れてないんだけど。

この枝ともう1本の怪しい枝、どちらも普通に葉がわさわさしてて
これから蕾も上がってきそうだし、病気というには違うような気もして
判断に迷うのでちょっと様子見です。
変色が進行するようなら、花を見た後バッサリ切ろうかな?
それとも今すぐバッサリいっちゃったほうがいいのかしら汗

新苗から育てたピエールを失敗したときの保険として買ったのに
花見れないとかいう事態になったら意味ないんだけど〜〜イライラ


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪
枝を切ったらコレをぬりぬり♪  

ピエール・ド・ロンサールに蕾

昨日、見つけました♪ まだまだ小さいけど








しかしブラインドになった芽が多かったガーン
このピエールは昨年末くらいにはもう芽が動き出してしまっていて
1月2月の寒さや雪で傷んだんだろうな〜と推測してます。
さらに、最初はオベリスクに巻いていて内側になる芽は摘んでしまってたので。
手すりに誘引しなおしたら、あーここの芽欲しかったわ…っていうのが結構ありました。

まだ蕾はないけれど、アプリコットネクターもラレーヌヴィクトリアも
わさわさ葉っぱを増やしていて、こちらはいまのところブラインドになった芽も少なく
蕾が上がってくるのが楽しみニコッ


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪  
 

ピエール・ド・ロンサールの誘引、やり直し〜



昨年12月中旬にオベリスクに誘引していたピエール・ド・ロンサール。
昨年5月に新苗で購入してまだ1度も花を見ていないので、この春一番咲いてほしいバラです。
この写真は3月21日のもので、葉っぱも順調に展開しつつ株元にシュートも♪
でも、ウキウキしたのもつかの間、でもちょっと予測できなかったことが〜〜ガーン
このシュート、思いっきりオベリスクの支柱のある所に向かって伸びていってまして。
このままにしておくと、ぶつかること確実ムンクイライラ
こういうケースは誘引したときには全く想定ができませんでした。





このまま放置してても、勢いよく伸び出している枝を根元から曲げる勇気もないし
最近、ピエールを育てている人のブログを読み漁ったりして、やっぱりオベリスクよりも
壁に水平に誘引のほうが無難なんじゃなかろうか…と悶々としていたこともあり。
こんな時期にどうかと思いつつ、オベリスクからはずして誘引をやり直すことにしましたショボン
オベリスクに巻いた状態で、内芽になる方向の芽を既に摘んでしまったあとだったんだけど…仕方ない。
撤去したオベリスクは、ラレーヌヴィクトリアのためにとっておくことにします。





ラレーヌヴィクトリアがいた場所にピエールを置き換えて、とりあえずベランダの柵に水平誘引してみました。
うーん、全っ然おしゃれじゃない(笑)笑
でも、ベランダの一番南側になるので日当たりもよく風通しも抜群の場所です手
明日から気温がグンと上がって春の陽気になるみたいなので、ここからどれだけ枝が伸びてくるか楽しみ〜ニコッ
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪

冬のピエール・ド・ロンサールと新入りのバラ

2月の初めに用土替えしたアプリコットネクターとは対照的に、我が家の新苗のピエール・ド・ロンサールは
昨年12月中旬に誘引までさっさと終わらせてました。
土は、10月に鉢増ししたときに元肥も入れたので冬はいじってません。
誘引、楽勝でした笑 枝が少ないから(笑)
でもこっちは早すぎたかなぁと。後悔先に立たず、だけれど。


ピエール・ド・ロンサールは枝が太くてかたいから、オベリスクより壁への誘引が向いている、と
あちこちで書かれているのを見て。
でも、幸か不幸かうちのピエールは新苗で枝がまだまだなのと、アプリコットネクター同様何か管理が間違ってたらしく
ベーサルシュートが出ず、枝が少ない。
(秋に超ごんぶとサイドシュートが出たけど、養分を全部持っていかれている気がしたのでカットしてしまった)
なので、さくっとオベリスクに巻くことができました。


写真は2月上旬に撮っていたものなので今とはちょっと状況が違うけど



根本ももうこんなに芽が出ちゃってました…今はもう葉が出てます。。





枝のもうも、この通り。




こんなんでいいの??? 
芽が動いてたのは今に始まったことではなく、年末にはもうすでに動き始めていて
…ってことは、おそらく休眠はしてないってこと汗
この写真から2週間たった今、ピエールのあの照りのある濃い緑の葉っぱがすでに展開しはじめてます。
多分、10月に8号から10号に鉢増しをしたときに元肥も入れなおしたせい。
例年より暖かかった12月に肥料もきいてしまって、休むことなくどんどん芽がでたのかなぁと思ってます。

こんなわけわからない状況なので、春のバラは期待できそうにない。
ヤケクソではないけれど、もう動きたいなら動けばいいさと先日20度を超えためちゃ暖かい日に
芽出し肥としての肥料と水をたっぷりやってみた笑



でも、やっぱり春に花がないっ!ていうのは悲しいので。
12月のピエールの芽が動く様子を見て、保険かけてました。




ラ・レーヌ・ヴィクトリア、大苗購入き
結構前からうちに居ました(笑)
12月にバラの家さんでセールになってて、クリスマスに到着。
楽天のポイント全額清算だから、まさに自分へのプレゼント手





しかしこちらも届いたときから芽が動き出していて、見ての通りすでに葉も展開していて。
保険のつもりだったけど、ピエールとあんまり変わらない状況であった…





こちらは届いたときの6号鉢から8号に植え替えました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪

アプリコットネクターの用土替え

2月の初めに終わってましたが、アプリコットネクターの植え替えについて。
お正月に花を全部摘んで枝を剪定するところまでは済ませていて、あとは用土替えをいつするか。
栽培本に書いてあるような落葉もしないし枝も赤くならないし、バラをはじめて初めての冬を迎えた私にとって
どーしたらいいのこれ???なことばかり。
晴れの日で気温が10℃くらいあって風がなければ、南西向きのベランダなので昼間はそんなに寒くない。
そういう環境なので、バラたちは休眠どころか


↓すでに芽が出まくり汗
別記事で書きますが、ピエール・ド・ロンサールなんて12月の時点で芽がでまくっててコレの比ではない・・・




どうしようかと悩んでいるうちに急に冷え込んで、1月は雪が降ったりして。
結局いつやるのが正解だったのかわからないまま、2月上旬に決行しました。
遅すぎたかしら…とか、芽が動いているときに土いじってよかったのかとか
終わった後ももやもや…Docomo6


↓12月の開花時です。


うちのアプリコットネクターは8号鉢。
本来は10号に鉢増しするべきところ、、奥行き1メートルもない狭すぎるベランダだし
あまり大きくなっては困る…枝も今はまだ少ないので、今年も8号鉢をそのまま使います。


マルチングを取り除いたら、


根がマルチングのほうに向かって上のほうに伸びてた・・・
アホ毛みたい。
シート状ではなく腐葉土みたいなマルチングを使ってましたが、やめようかしら。。





それでも下のほうの根はまあまあちゃんとしてました。
ベーサルが出ず、、枝も少ないのでこんなもんかなと。
コガネムシ幼虫とかヘンなのが出なかっただけでよしとしますニコッ


植え替えに関して、独自のやり方とかは特になし。
なんせはじめての作業なので、栽培本に書いてある通りのことをするだけです。
土&肥料は今回初めて【バラの家】さんの【プレミアローズ】と【プレミアローズセレクション】を使いました。
今までは、【花ひろば】さんの初心者セットのものでした。
肥料、カニのはさみの部分のギザギザ?とかはいってて、ニオイもなんだか香ばしかった笑
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪

アプリコットネクター、大輪。


アプリコットネクター、16日に開花を始めてまだきれいな姿をキープ。
10月に咲いた時は、お天気が良すぎ〜初夏?ってくらい暑い日もあったりして
あっという間に花びらが広がってどんどん姿形が変わっていってしまったけれど
この見た目が持続するのは嬉しい。

アプリコットネクターって、これくらいの咲き具合が一番きれいな気がする。
個人的に、蕊がガッツリ見えてるお花が好きでないというのもありますが。。


あまり変わり映えしない写真ですが、時系列でどうぞ〜






この写真の元画像は【New Roses】サイト内の【みんなのバラ紹介】のページに
掲載していただきました。
※【New Roses】はサイト運営終了しています。サイト閉鎖前に記念投稿したんです。






10月の花は初めて咲かせたこともあってか、大きくても花径8cmくらいで
決して大輪とは言えず、香りもちょっとよくわからなかったショボン
けれど、2番花はしっかり10cmの大輪にうれしい♪ 香りもちゃんと感じられました。


新苗だし、あまり長く咲かせていると株が疲れるそうなので
来春に影響しないよう、撮影した後カットして部屋に飾りました。
でもこの時期にこんなに咲いちゃって…休眠なんてする気配ゼロなんですけど汗
大丈夫かなぁ。
来春は大輪をフロリバンダらしくわさわさと咲かせてみたい…
今更だけど、ハイブリッドティー/大輪、と書いてあるところと
フロリバンダ/中輪、と書いてあるところ…ショップによって表記が違うんですけど
正しいのはどっち〜!?



ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援クリックありがとうございます♪

アプリコットネクター、秋薔薇2番花

もう季節はすっかり冬ですが笑
9月末から10月中旬ごろまで秋の花を咲かせた我が家の薔薇、アプリコットネクター。
新苗だし花はそこそこに、花より株の充実を、、と思って
2番花は期待せず深めに剪定したはずだったのですが。
11月も気温高めの日が多かったせいか、切った後もぐんぐん枝が伸びて
蕾をいくつか付けました。




これアプリコット??ってくらいに赤みが強く出ていた先週のアプリコットネクター
ガクが開いてから1週間経過した昨日の時点で、花びらが広がってくる気配もなくて
これはもう諦めて枝を切って部屋で咲かせてみる?と思っていたところ





今日の暖かい気温に誘われて






ようやく開花しましたうれしい
10月の花はガクが開いてから開花まであっという間だったので
なんか1週間が長かった!
撮影した時間が14時以降だったので余計に赤みが強く出ているかもしれませんが
アプリコットというよりなんだかサーモンに近い深みのある色になりました。
文句なしに美しいです。


が、休眠させないといけないんですよね?そろそろ。
まだあと3つほど蕾があるけどどうしましょ。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます♪  
<<back|<45678910>|next>>