May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ラレーヌ・ヴィクトリア、見納め。

 

 

かわいい花と優美な香りで楽しませてくれたラレーヌ・ヴィクトリア。

いよいよ見納めです。

また来年の春にお会いしましょう。(返り咲きにはあまり期待してません…)

 

 

 

今年は花びらをあつめて、ポプリづくりをしてます。

メインはラレーヌ・ヴィクトリア、次がアプリコットネクター

ピエール・ド・ロンサールはあんまり香りがしないので、ただのかさ増し要員笑

香りの強いラバンディン系のラベンダーが咲いてきたので、あとから追加投入しようと思ってます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

流行りのバラではないけれど…

 

 

強い日差しにも負けず、アプリコットネクターが見ごろを迎えてます。

 

 

花びらが多くないので、気温が高いとあっという間に咲き終わってしまうのが残念なんだけど

 

 

この中心の巻き巻きと、派手すぎずとろけるようなアプリコットカラー、好きだな〜うれしい

 

 

花びらがぎっしり詰まってるのとか、刻みが入ってたりフリフリ・ヒラヒラしてるのとか

今の流行りのバラとは全然違うタイプで、悪く言うとちょっと古臭い…

けれど、「バラのイラストを描いて」って言われたらすぐに描けるのはこういう形のバラ。

私だけかな〜???

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

ど根性バラ・アプリコットネクター

 

アプリコットネクターも咲き始めてます。

 

 

芽吹いたのはピーエルと同じ時期だったのに、その後なかなか枝が伸びず。

ヘンテコリンな巨大な葉っぱが出たりしてオカシイ感じだったので、一番日当たりと風通しのいいところに場所を移動して様子見してました。

そうしたらご機嫌になったのかぐんぐん枝がのび、わさわさと蕾もつき…

ピエールが蕾のままぐずぐずしていたのもあり、みるみる追いつきました。

古い品種だけど強健、負けず嫌い、ど根性バラです(笑)

 

しわしわの手で失礼…

 

約10cmの大輪。香りはまあまあ中程度?甘い紅茶、いわゆるティーってやつです。

春は房で咲くので、ひとつ咲いたらさっさと切ります。

そうしないと、このデカさなのでスペースを占領して隣り合った蕾たちが咲くに咲けないのです笑

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

薄味なピエール・ド・ロンサール

 

最初のひとつが咲いた後、なかなか蕾が開かずボーリング疑惑が持ち上がっていたピエール・ド・ロンサール。

 

 

やっと咲いたと思ったら、薄っっっ

中心のピンクが薄すぎる。

 

 

みんなそろいもそろって薄味…

中心部がぽっとピンクに染まるのがこの花の魅力なのに…

 

 

アナタは【ピエール・ド・ロンサール】ではなく実は【ブラン ピエール・ド・ロンサール】なのですか?

つて言いたいくらい中心部のピンクが足りない…悲しいガーン

ご近所のピエールはみんなちゃんとピンクピンクしてるので、私の育て方がへたくそで何かが足りなかったんだなぁ。

 

実は一番最初に咲いたこの花

 

最後まで開ききることなく止まってしまい、仕方なく切って室内で咲かせました。

ほかにも、

 

 

固く蕾が閉じたまま花弁が茶色く傷んでしまったもの多くて。

泣く泣くカットして蕾の量を減らしてみたりしてました。

 

 

新苗から育てて2回目の春を迎えたピエール、たくさんの蕾がついてうきうきだったけれど、

想像していたものとはちょっと違った風景。

 

何が悪かったのかな〜日当たりは良すぎるくらいよい、でも強風の影響をもろに受ける場所で疲れてしまったか

それとも今年も肥料が足りなかったのか…

一季咲きは秋にリベンジできないのがつらい。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

狭いベランダで、ラレーヌ・ヴィクトリア

 

 

ベランダの幅?奥行き? ← 約80cm → しかございません。=無謀

90cmサイズの市販のラティスなんぞ置けぬ…

そんな狭い狭いベランダが、ラレーヌ・ヴィクトリアの濃厚な香りでいっぱいになりました。

 

 

 

朝と、午後の休憩時間にクンクンするのが今の季節一番のリフレッシュ&ご褒美タイムです。

誘引のヒモが汚くてすいません…

 

 

 

昨年の春はつるではなく、冬に剪定された大苗でブッシュの状態で咲いたので

花は多くても30個くらいだったけれど、今年は枝がたくさん!蕾もまだまだこれからのものもたくさん!!

外に向かって咲く枝を作ったのは、ご近所の方へちょっとしたおすそ分けの気持ちです。

昨日夜からの雨に打たれてちょっとしんなりしてしまいましたが。

 

 

 

むぎゅっと、ころんと、まんまる。

愛らしいこの姿から

 

 

 

こんなかんじで咲きます。咲き終わりまであまり形が変わらず蕊が見えないので

蕊パッカーンが苦手なかたにおすすめ。

 

 

 

蕊が見えないので花びらに合わせてみましたが。

いまいちマクロレンズの使い方がわからず持て余してます汗

 

 

 

下方向に誘引した枝についた蕾も全て咲きました。

下方向への誘引の様子はコチラ

がっちり固定していなかったので、咲いてみたらちょっとイメージしていたのと違って

花の重みも相まって、くるんと下を向いてしまいました笑

懸崖仕立てとまではいかないけれど、どこに誘引したらいいか悩む枝はぜひ下方向に!

ラレーヌ・ヴィクトリアなら大丈夫。

 

 

 

昨年今年と写真を撮ってみて思ったのが、ラレーヌ・ヴィクトリアは明るめに撮ろう思うと花が白飛びしやすい。

好みもあるけど、露出アンダーで撮ったほうがよいな〜と思いました。

花のアップ&背景ボケor玉ボケキラキラ〜的な写真にはちと飽きたので

今年はベランダならではの風景を入れて撮ることにチャレンジしています。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

同時開花。ピエール・ド・ロンサールとラレーヌ・ヴィクトリア

 

ゴールデンウィーク前半に咲くかな〜?と思っていたのに、待って待って待って待ち続けて…やっっと咲きました。

 

 

広い庭ではなく、狭〜いベランダで咲いていることが伝わるように撮ったつもり。

右上の銀色の物体は物干し竿笑

 

 

 

コロコロまあるいラレーヌ・ヴィクトリア。

ちょっと小さめだけど、あの濃厚な香りは健在です。

 

 

つい鼻を近づけてクンクンしちゃいますニコッ

ラレーヌ・ヴィクトリアの足元では

 

※水彩画風に加工

カリフォルニアローズ/フィエスタ【アップルブロッサム】も便乗!?開花してました。

アレナリア/モンタナ、ヒナソウ、チョコレートコスモスも元気いっぱいでとってもにぎやかになりました。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

» read more

色づくラレーヌ・ヴィクトリアと黒点病

 

 

ピエール・ド・ロンサールに比べるとだいぶ小ぶりですが、ラレーヌ・ヴィクトリアも蕾が色づいてきました。

ラレーヌ・ヴィクトリアはなんといっても香りがとってもいいので、ピエール・ド・ロンサールとは違う楽しみがあります。

こちらもかなりたくさんの蕾がついているので、すっごく楽しみ。

 

 

昨日、これは怪しいかも…と思っていたことが現実に…

 

 

黒点病キター (黒点病でいいんですよね?これ)

この春からロザリアン3年生に進級しましたが、黒点病はこれが初めて。

特に予防対策していなかったので、致し方なし…。

枚数的にはまだ少しだけなので、今なら間に合うかも?と黒点の葉っぱはむしりとってベニカをシュッシュ。

ベニカ常備してるのならもっと早く予防で使えよって話…

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

色づくピエール・ド・ロンサール

 

 

ピエール・ド・ロンサール、蕾が色づいてきました。

この色を待っていたハート

桃まんじゅうみたいなおいしそうな色とかたち。

 

 

 

どこから撮っても、蕾がいっぱいになりました。

さてこの写真には何個蕾が写っているでしょう?

 

 

 

ゴールデンウィークはプチばら園になってくれそうです。

ベランダでバラを楽しみながら、読みかけだった本を読んで過ごすのもいいかも。

 

 

 

多肉棚はここからはほぼ見えなくなりました。

毎朝ピエールの枝をくぐって多肉の様子を見たり水やりしてます。

うちのベランダ、幅は4mくらいはあるのですが奥行きが80cmちょっとなので、すでにほぼ通行困難になってます。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

12345>|next>>